たまにブレてもなるべくボケない写真のブログ

写真、音楽、映画、本、プロ野球。

終電に人が増えていくごとに、週末は近づく

終電ピーポーの話。月曜日はがらんどうで、火曜日は大学生が多かった。
きょう、水曜日は人が多くて座れなかった。
きっと金曜と土曜が近づくにつれて人が増えていくんだろう。

日常的に電車に乗るし授業に出るし働きに行くから、常に時計に縛られている。
いまもあと15分もしたら寝なきゃとか考えている。
東野圭吾の『容疑者xの献身』に「人間は時計から解放されるとより時計に忠実になる」みたいな台詞があったけど、
今は時計から解放されるということがどういうことなのか、想像もつかない。
果てしなく自由な感じがするけれど、結局朝も昼も夜も必ずあるのだから同じじゃないか、という気もする。
時計は時間の流れを視覚化してわかりやすくしたものであって、時間の流れそのものではないからだ。
時間が経てば眠くなるしお腹も減る。
時間はそれぞれに平等に流れる。

最近は楽しい時間の使い方ができている。
ももっと楽しくしたい。
11月11日。深夜。