読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たまにブレてもなるべくボケない写真のブログ

主に写真のことを書きます。たまに野球のこと、電車の中のこと、アジカンのこと。

知らない老夫婦と二言三言しゃべった

 JR函館本線白石駅。そこは乗り換えに便利な駅であり、札幌ドーム行きシャトルバスの発着場所でもある。

 電車が、その駅に着いたときの話。

 Fの帽子をきっちりかぶり、メガホンを覗かせたトートバックを持ち、FIGHTERSのロゴの刺繍がバッチリはいったウィンドブレーカーをお揃いで着た老夫婦が乗ってきた。
 僕の脳裏に、さっきまで観ていた野球中継が蘇る。粘る吉川、安達のツーラン、ディクソン相手にあと1本が出ない打線。
 ああ、札幌ドームのスタンドで、この二人は悔しい負け試合を見届けて来たのだ。そう思うと悲しくて、僕はおじさんの顔をじっと見つめてしまった。その無遠慮な視線に気づいたおじいさんは、苦笑いを浮かべながら言った。

「負けちったよ」

 何だかとても悲しくなって、「見てました」と苦笑いしながら返すのが精一杯だった。おばあちゃんは「吉川がかわいそうだ」と言った。それで僕の悲しさはフルカウントになってしまったので、しばらく何も言えなかった。考えてから、言った。

「お疲れ様でした」

 高校の部活(放送局)のときから今もよく使う、便利なあいさつだ。でも、語彙力の乏しい僕にしては悪くないチョイスだったと思う。老夫婦は頷いて笑ってくれた。全然知らない人とファイターズを通して世間話ができたのは面白かったけれど、やっぱりなんだか悲しかった。

 電車が札幌駅に着き、ホームに降りた。ファイターズのユニフォームを着たたくさんな人々が同じ表情を浮かべて降りてくるのが見えた。同じ電車に乗っていた敗戦見届け人は、何もあの老夫婦だけではなかったのだ。ファイターズが負けた日の夕方の駅は、空気がいつもより少しだけ重く感じる。

 明日は勝ってくれ!5月16日。